NPO日本移植支援協会

みんなの声

レシピエント・協会に対する励ましの言葉を募集しています。 質問や意見、なんでも結構です。
投稿フォームの下にこれまでの皆様からの投稿文がご覧頂けます

お名前:
メールアドレス:
みんなの声:

古家菜沙ちゃん、ご両親より

view view

お電話いただきました

東北にいる渡航移植患者皆元気と聞いてホッとしております

kazuyo

東北の大地震のニュースにとても驚き、毎日日本とアメリカのニュースに耳を傾けています。昨夜は静岡でも大きな地震があったようですが、皆様無事でいらっしゃることを願っております。原発の放射線漏れも大変心配ですが、アメリカから専門家が到着した今、なんとかこれ以上の被害ががらないよう、手をうつことができるようにと祈り続けています。我が家には、日本のことを心配する友人、知人から連日メール、電話が入っています。現地におられる皆様の不安はいかほどかと思いますが、世界中が支援の手を差し伸べています。大勢のアメリカの人たちと共に、世界の人たちと共に、心よりこれ以上災難が重ならない事を、行方不明になっている人々が一日も早く見つかるように、そして必要物資が十分にいきわたり一日も早くこの不安から解放されることをお祈りしています

岩下遥香さんのご両親より

view

雲雀英行さんのご両親より

view

兵庫県相生市在住の方よりのお手紙

とつぜんお便りします。
現在日本のどこかで臓器移植の募金活動を現在進行形でやっている団体があれば教えてもらいたいです。僕も少しお金を出させてもらいたいので。インターネットがあればわかると思いますが僕はパソコンは所持していませんし使い方もよくわかりません。大変お忙しいとは思いますがどうかよろしくお願いします。

安藤 大輝くんのご両親より

view

植田 拓稔

お陰様でホームヘルパー2級の資格も採れ一日7時間のパート勤務ですが、老人介護福祉施設のショートステイ担当の方に就職が決まりました。やっと念願の社会復帰ができます。就職先の方もC型肝炎も持っていて月一回、阪大に診察に行っている事を了承の上できちんと働けて無理のない所の担当に採用してくださいました。体を休めれる時はゆっくりと休めながらこれからも無理をせず頑張って生きたいと思います。

リリー

皆さんの頑張っている姿を見てほほえましく思いました。私も少しですがお手伝いに行きます。

東京匿名

小さな子供を助けることの出来る日本に早くなる事を願っています。私に出来る事はなにか、まずドナーカードに記入します。

Akito

最善を尽くす人達、諦めないでいる人達・・・だから応援したいです。どこまで力になれるかわからないけど、自分で出来ることをやって見せれる様に頑張ります

匿名

自分は親が元看護師と言う環境にいるので医療関係には敏感で こちらの事もTV番組(テレビのチカラ)で裕美さんの事を知って裕美さんのホームページからきました。 現在ドナーカードを持ってます。献血と骨髄バンクは高脂血症なのでしたくても出来ない状況にありますが出来る限りの面で移植に貢献したいと思っています。

さえ

私も、無駄遣いしないで、少しでも募金できるようにがんばるよ!治ったら、あなたたちにしかできなかった体験をたくさんの人たちに伝えてください。

こころ

どうして、15歳以下の人は臓器提供ができないのですか?私は、14歳ですがきちんとした自分の意志持っています。法律改正を強く望みます。

北海道 みかれもん

つい数ヶ月前まで、劇症肝炎で肝臓移植待機者として登録していましたが、内科的治療の成果があって、移植せずに回復しました。今は病気だったのが嘘のように日常生活が出来るほどになり、改めて臓器移植に関心を持つようになりました。一人でも多くの移植を希望している方が、日常を当たり前のように生活できるようになる世の中になってほしいと思います。

神奈川県 中島秀子

私の家族も拡張型心筋症で亡くなりました.一人でも多くの方が移植手術を受けられて健康になられたらと思い、ささやかですがお手伝いをさせていただきたいと思 います

滉 拓

自分の子が 元気で産まれてきてくれた事への感謝と 世界中の人々が 元気に 幸せに暮らせますように気持ちをこめて

野谷 恵

昨年は、もう、当分できない(大変なので)と思ったチャリティーコンサートを、今年もしようと決心したのは、貴協会の存在と、設立の経緯を知ったことがきっかけでした。ご自分のお子さんを亡くされているのに、同じく移植を必要とする病気の人々のために活動されている 皆さんのお気持ちに、深く感動しました。少しでも募金のお手伝いができるよう、頑張ります。

藤本 守

少しでも周りの方々の力になれればと思います。皆で頑張っていきたいです。

東京都 勝野

赤嶺さんのおっしゃるように、皆さんが自身の事に置き換えて考えて下さればと、切に思います。自身に関係の無い事には、日本は無関心過ぎます。移植の強制をしたいと言うのではなく、選択肢を広げて欲しいだけなのですが、なかなか理解が得られず非常に残念です。しかし赤嶺さんのメールで、元気付けられました。そう思って下さる人が一人でも増えるよう、今後も支援活動を続けて行きたいと思います

沖縄県 赤嶺

私の息子も去年 完全大血管転移症の手術を行い、無事根治いたしました。現在でも少し様子がおかしいと心配になります。ネットにて病気の事を検索していましたら、このページの存在をしりました。本当に自分の身になって考えると少しでも協力出来たらと思います。

宮城県 宍戸

日本でも子どもの臓器移植が行われるように祈ります。元気になったお子さんどうぞ命を大切になさって楽しく生きて下さい

加藤 望

ご無沙汰しています。5月13日で44歳になりました。去年の誕生日は生体肝移植が中止になった直後でボーっと放心状態で過ごしたことしか覚えていません。も う1度誕生日が迎えられるなんて、ほとんど考えていませんでしたね。改めて、新しい命(肝臓)を下さった神様とドナーに感謝しています。日本国内で1日も早く臓器移植治療が確立し、病を克服して第2の人生をスタートされる方々が多く起こされますように祈念しています。

東京の勝野さんのご指摘からもわかりますように、臓器移植医療と脳死問題がごちゃごちゃになっているのが、今の日本の社会通念ですね。臓器提供に限って脳死を認めるなどという、あいまいな法制定の功罪で しょう。良識あるメディアならば、その辺を整理して問題点を浮き彫りにし、正しい脳死の理解と、国内での移植医療確立の緊急性を訴えるべきです。

国際的に脳死が人の死として認められ、アメリカ等では法制化されているのに(アメリカは25年まえから)、何ゆえ日本の医師会も厚生省もその点をあいまいにし、脳死は人の死ではなく心停止を持って人の死とするという概念に固執しているのでしょうか。脳死は日本人の死生観に合わないというのでしょうか。また脳死と植物状態とは違うことも医師であるならば明白に理解されているはずですのに、何ゆえそれを混同した報道がなされても何もされないのでしょうか。

優秀な日本人医師がアメリカの移植医療の現場で活躍しておられます。私が飲んでいる免疫抑制剤は日本の製薬会社のものです。国際化が叫ばれている今、先進国との自負があるならば、国内移植医療の早期確立に踏み出さないならば、日本は世界の物笑いになってしまうでしょう。残念ながらすでにそうなっているようですが・・。私もレシピエントとしてお役に立てるのであれば、何かしたい思いで一杯です。移植支援協会の皆さんのオピニオンリーダー的なご活躍に感謝すると共に、今後のご活躍にも期待しています。

福岡県 松永直美さん

一人一人の小さな思いが大きな希望になります様に

東京都 勝野

テレビ東京で放送された、臓器移植に関する番組について、疑問を感じました。出演した女優さんの発言ですが、「可愛い息子が脳死しても、身体を傷付ける事は出来ない」というような内容でした。では土葬の認められていない日本で、火葬する事 には抵抗を感じないのでしょうか。死んでからも痛みを感じるならば、燃やされる熱さは感じないのでしょうか。切り取ったら臓器を失うと言っても、火葬すれば灰 になるだけです。素直に自分の意見を述べただけでしょうが、そんなレベルの問題でしょうか。この番組が伝えたかった事は、命の尊さ大切さです。身近な問題として考えるには素人の意見も必要でしょうが、もう少し人選を考えて欲しかったと残念に思いました。レシピエントに対する励ましのコメントが、特に無かった事も残念でした。番組上、一方的に臓器移植を推進する訳には、行かなかったのでしょうが。

KORI

私は人に喜ばれる仕事をしているのですが まだまだ足りないなとみなさんの言葉を読んで感じました。もっと仕事をして少しでも募金できるようがんばりたいと決意を新たにさせていただきました。謹んでご冥福をお祈りします

兵庫 文恵

「移植してでも、ほんの1週間でもいいから元気な時間がほしい!」そういうことを日頃話していた妻が、とうとう1/18この世を去ってしまいました.51才の寿命でしたが、神戸市の保母を務めていた彼女は、若いときからの喘息とカビ、後年にはアスペルギルス等抗酸菌による肺の疾患(気管支拡張症)により、「医者からは移植は心肺移植しかないけど、国内じゃ難しいでしょうね」「かりに移植しても、感染症だから、肺はまた犯されてあまり望みがないと思います」そんな言葉を聞かされながら、入院の度に増えていく酸素の量に、自分でもその寿命を測りながら、病気と向き合って生きて、とうとう、別れの時になってしまいました
彼女は、子供が好きで好きで、保母の仕事が出来なくなった時でも「子供が遊んでいるのを見るだけで、心が救われる」と私に話してくれたものです.
3月2日には49日になりますが、皆さんからの香典のお返しを「移植支援協会」さんに寄付させていただきます.
可愛い子供さんが一人でも救われることを、彼女に成り代わり願っていますので、皆さんも頑張ってください!

東京 小林

昨日、日経新聞でりゅうすけ君の死を知りました。商店街にお願いしてチラシを貼らせて頂いていたのですが、今は空しさでいっぱいです。どんなに募金が集っても、法律の改正なくして移植の問題は解決しませんね。例え法改正で15歳未満の子供の脳死移植が認められても助かる保証はありませんが、選択肢の無い今やはり悔やまれてなりません。一体どれ程の尊い命が失われば、国会議員は動いてくれるのでしょうか?署名活動にご協力いただきながら、自分のしている事が本当に活かされるのだろうかと、複雑な思い出毎日過ごしています。最近又新たなレシピエントがいらっしゃるようですね。彼は18歳なので国内での移植可能ですが、まだまだ多くの問題を抱え決して余裕などありません。トータルでの法改正を一日でも早く望みます。皆さんも残念な気持ちでいっぱいでしょうが、その思いをバネに法改正の推進に向けて頑張りましょう。

茨城 池内

協会の皆さん頑張ってますね。りゅうすけ君を救う為に、私たちも応援したいと思います。

東京都 勝野

たった今帰宅し、「ニュースの森」でさえちゃんの訃報を知りました。一度も会えないままさよならになりましたが、現在2名の子供が移植を待っていると知り、気持ちを切り替えて募金活動を頑張ろうと思います。皆さんがっかりなさっているかと思いますが、移植を必要としている人がいる限り、諦める事無く前進あるのみです。

東京都 松山

貴協会の活動に強く感銘を受け、自分でも何かできないかと考え、未使用のぬいぐるみや小物類をお送りします。子供達が元気になるお手伝いができれば光栄です。

東京都 青木

私は薬剤師をしております。日本の医療や移植の現状について知り、医療に携わる者として、一人の人間として、「命の大切さ」を訴えていきたいと思いました。

東京都 池田

臓器移植について取材させていただき、たいへんだという事が改めて分かりました。このことをもっと多くの人たちに知ってもらうため、自分のホームページに載せたいと思います。

千葉県 井上

NPO 日本移植支援協会が働きかけていることは、とても素晴らしいと思います。命を救うために頑張ってください。私も出来る限り応援します。

中井

勇貴くんの事を知り、強く・強く親の愛情を知りました。あまりのも辛すぎて心が痛みました。早く小さい子供の移植を日本でできますように。

愛知県 辻

これからの移植のあり方が良い方へ進んで行きますよう陰ながら応援させて頂きます。

東京都 牧山

我が家では皆、健康に暮らさせて頂いており、いつも感謝しています。その気持ちを少しでも人様の為に役立てて頂ければ嬉しいです。どうぞ頑張って下さい。

神奈川県 斉藤

幼い子ども達が日本で十分の治療が受けられる事を願っています。

宮城県 宍戸

一人でも多く移植手術を受け、尊い命を授かります様、心から祈っております。自分の命を大切にして、生きたお金を社会に還元できるように、日々を一生懸命に暮らしております。大きな輪になってゆくことをねがっております。

宮崎県 片平

朱里ちゃんのことを伺い、しばらく涙が止まりませんでした。ご家族のご健康と支援協会の発展をお祈り致します。

東京都 中村

勇貴君、本当に残念でしたね。持田曜子さん、斎野あかりちゃんと、移植を待っていた方々が大勢いらいたのですね。家族を失うことの悲しさ、くやしさ、私どもの想像を絶するものだと思います。

矢野

1人でも多くの子供たちの命が助かりますように祈るとともに、何故、病気を持って生まれてしまったのか?何故、幼いうちに病気になってしまったのか?防ぐこと、減らすこと、なくすこと……が出来ないのか?私たち、皆で考え、何かをしなければいけない!!と強く思いました。

埼玉県 長谷部

移植の意思表示をするカードが日本にもできて、臓器移植の知識や関心が広まりつつあります。これから徐々に、更なる提供者が増えていくと思います。

埼玉県 渡辺

今まで、移植のことなど他人事のように思っていたので何もわからいけど、これから勉強してもっと中身を深く知りたいと思います。まず、自分が学んで理解して患者さんや支援の人々と表面だけじゃないお付き合いをしていきたいです。

東京都 大津

15歳以下の方の移植支援が早期にできるよう、今後も支援の方、頑張ってください。

神奈川県 橋本

ドナーを待っている患者のみなさんに、絶対、希望を抱いて、一日も早く手術ができることを祈っています。そして、日本で子供たちの移植手術ができるように国が動いてくれること望みます。

東京都 谷田

多くの子供たちが早く元気になる様、応援しています。

東京都 増田

一日も早く日本で移植が認められるようになってほしいです。

広島県 上野

今、身近に、かなり厳しい状況で重い心臓病と戦っておられる御家族があり、辛い思いをされています。私達は励ます事しかできなく、はがゆい思いをしています。そのような人たちが国内での移植ができるようになってほしい。みなさまの活動を応援しつつ、協力できることはしていきたいと思います。

跡部

私はある中学の生徒会役員をしています。私の学校では毎月募金活動をやっていますがそのお金を臓器移植の方に募金しようという動きがあります。少しでも多くの人が助かるように私たちも協力したいと思いますので皆さんも頑張ってください。

埼玉県 山田

移植の現実にはたくさんの壁があるのだろうと感じました。

埼玉県 工藤

少しずつ世論も動きつつありますので頑張っていただきたいと思います。

坂井

15歳未満の移植手術が早くできるように、いつも応援しています。頑張って下さい。

西崎

多くの子供たちが助かる様、そして多くの人々に移植の事が浸透するように、これからも頑張ってください。応援しています。

渡辺

移植やドナーカード等に対する認知度は以前に比べて浸透してきたとは思いますが、日本では15歳以下の移植は認められていないので早く法律改正されるといいと思います。協力できることがあれば協力していきます。

小野

海外での移植は飛行機での気圧の変化がとても大変だと聞きました。移植を望んでいる子供達や家族の方々の負担が少しでも軽くなるように、そして、一人でも多くの移植を待つ子供達にチャンスができるように心から祈っています。また、今、移植を待っている子供達とご家族の皆様、あともう少し頑張ってください。出来る限り、みんなの意識が変わるように機会がある限り考えて伝えていこうと思います。

細井

移植が必要な子供達が増えている中で、15歳未満は移植が日本で出来ないために、多額の資金を集めて渡米したとしても、ドナーが見付からずに命を落としていく現状を目の当たりにして、自分の子供だったらと思うと辛いです。親や子供達の負担を少しでも軽くするために、15歳未満も日本で移植できるように私も出来る限り協力したいと思います。

永木

15歳未満の子供たちが一日も早く日本で移植を受けれるように頑張ってください。

西俣

今まで移植のことは余り深く知りませんでしたが、いろいろ勉強することがありました。ドナーカードも持ちました。これからも頑張ってください。

菅原

移植の事はあまり深く知りませんが、多額のお金がかかるという事で、ご両親の「治したい」という思いと、金額的な不安はあると思いますが、出来る限り協力したいと思います。

茨城県 大森

移植すれば助かる子供が、日本で生まれたばかりに助かることができないということに疑問と憤りを感じます。海外で移植をすることは難しく、大変なことですが頑張ってください。私で出来ることを少しでもいいからしようと思います。

三瓶

身近な人に移植の問題を抱えている人がいないと普通の人達もなかなか考える機会がない様に思いますが、募金活動があったり、テレビや新聞などでも今は移植の事が取り上げられてきているので、一人一人の意識もついてきたのではないかと思います。でも、まだ15歳未満の人の移植は認められていないというのは納得がいきません。どんな人でも日本で出来るように早くなったらと思います。

国安

日本での移植の難しさなど色々なケースがあると思います。日本で移植が出来るように変えて欲しいと思います。応援しています。

堀田

普段、道で募金をしていても、余り気にしませんでしたが、これからは募金しようと思います。患者さんは、本当に頑張ってもらいたいです。一日も早く元気になってください。

朝倉

2年くらい前からドナーカードを持っていたのですが、身近にそういう患者の方がいなかったので、余り深くは考えた事がありませんでした。もっと、みな関心を持つべきだと痛感しました。これをきっかけに、私もできるかぎり協力して、もっともっと沢山の人々によく知ってもらえるようにしたいです。

北海道 平田

私は現在の日本の医療技術が世界のトップレベルにありながら、なぜ子供の命を守ることが出来ないのか残念でなりません。政治家は自分の事となると一生懸命に働いているようですが、「移植医療」となると、手薄い感が致します。今の状態ですと、募金によって助けるしか術はなく、法律の改正を一日も早く達成させるしか途はありません。国民の一人として協力を惜しみません。

群馬県 団体会員 (企業)

活動には様々な障壁も多く、ご苦労も多いことと思います。しかし「ささやかでも、出来る範囲で協力を…」と思っている人もまた多勢居ると思います。活動、頑張ってください。

東京都 森久保

関係者の皆様の心あたたまる地道な活動、身体を大事にし、長く続けられる事を祈っています。

神奈川県 中村

15才以下の子供達が国内で一日も早く移植ができるように願っています。皆様がんばってください。